QLOOKアクセス解析
 
■プロフィール

Author:@hammerinhommer
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■Tweetswind
■TWITTER

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■Google カスタム検索

■RSSリンクの表示
■リンク
■検索フォーム

■Braves Twwps

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スカウトのスケール
今回は趣向を変えてジェネラルな話題、「スカウトのスケール」のお話です。

スカウティング リポートを読んでいると、"Above Average" や "Plus"といった言葉が頻繁に出てきますが、これらはこの業界で使われる「固有言語」、MLBをもっと理解するためには一度勉強する必要があるなと感じていました。今回表にまとめてみました。これが分かるとMLBの見方がきっと拡がると思います。

その前に、スカウトのスケールに関わる2つの用語 "Ceiling" と "Risk Factor" について。

Ceiling
シーリング とは日本語に直訳すると天井という意味ですが、これは選手が大成した時どこまで大きくなれるかを、高さという観点から捉えた指標のことです。

Risk Factor
Risk Factor もしくは Risk とはシーリングへの到達しやすさを測る指標です。Riskの低い選手ほど確実にシーリングに到達しやすいと考えられます。

通常、ツールに何らかの欠陥のある選手や、大きな故障を経験した選手、もしくはフルシーズン(=Low-Aから上)でまだ成績を残したことがない選手、ドラフト当該年の選手などは、リスクが高いと判定されます。

ちなみに今年全米上位のプロスペクトで、Riskが一段低かったのは、ピーダーソン(LAD)とリンダー(CLE)のLowでした。ピーダーソンは後半戦一割台ですがASGに出ました。リンダーも今売り出し中ですね。Fantasy BB でルーキーを起用するときはRisk Factorに注目するのもおすすめです。トラウトのルーキー時代なんてSafeがついてましたから。


Scouting Scale

さてスカウトのスケール。Scouting Scaleの面白いところは、0-100ではなく、20-80の範囲で表されることで、中間の「50」を持って「フツーのレギュラー」とみなされます。それぞれのグレードにはそれぞれの用語があてはめられ、例えば50ならAverageとなります。

表の見方ですが、まず50(=Average)のところに目をやって、そこから上へ上がるか、下へ下るかしてください。20-80のスケールとはいえ、30や20の選手はマイナーリーグどまりなので通常記載されることはありません。概ね次の表で合っているとは思いますが、機関によって細かいところには差異があるので、細かいところの突っ込みはご容赦を。


用語GRADE具体ポジション的に
 Elite80 フランチャイズ プレーヤー SP1
.75 SP1
 Plus-Plus70 毎年オールスター SP2
 All-Star65 オールスター SP2/3
 Plus60 一流のレギュラー SP3, Elite Closer
 Above Average55 SP3/4, MIddle Closer
 Average50 フツーのレギュラー SP4, Low Closer, Elite Set-upper
 Below Average45 セミレギュラー / UTL SP5, Set-upper, UTL
 Reserve40 リザーブ Swingman, MIddle RP, Relief specialist,  落ちるUTL


これは選手のトータルなシーリングを表す指標で、OFP (Overall Future Potential) やOFV (Overall Future Value)と呼ばれます。ここにRisk Factor が関わってきます。Riskの低い選手ほど確実にシーリングに到達しやすいと考えられ、逆にグレードとRiskのギャップが大きい人ほどその時点では要注意となります。

このスケールは選手の個々のツールにも適用され、例えばこの選手のチェンジアップはAvobe Average (=55)とか、この選手のスピードはPlus(=60)などど判定されます。

***

次にATLのファームシステムがどれほどタレント力を落としていたかという証左ですが、ウィンターミーティングス終了時点で、ATLのファーム組織はタレントRankingで全米29位だった(BA)。

この時点ではグレード50に達する選手がわずか17人しかいませんでした。内訳は50が12人、55が5人。これだけ。

他の組織と比較してみると。アルファベット順で隣のアリゾナDバックスだと、Dバックスはその時点でタレント力が全米6位でしたが、グレード50以上の選手が22人いた。内訳は50が13人、55が4人、60が3人、65が2人。ブレーブスにはHIghインパクトを与えられるプレーヤーがいなかったことが伝わりますね。

BAがグレードシステムをつけ始めたのは2012年からですが、当時のブレーブスと比較してみると。このときはヘイワードやフリーマンやキンブレルやメドレンやマイナーやビーチーが卒業した直後でタレント力が全米15位に落ちていたものの、グレード50以上の選手が25人いました。内訳は50が17人、55が5人、60が2人、70が1人。今と全然違うことが伝わります。レンが解任された原因にこうしてファーム組織のタレントを枯渇させたことにもありました。

もちろんこうした状況は去年10月以降の多くのトレードにより改善されました。

去年のSTでマイナーリーグのコーチたちはこう嘆いていたとか- 「タレントが足りねえ。俺たちのタレントはどこへ行ったんだあ?」 今年のSTでコーチたちはこう嘆いていたそう-「名前が覚えらんねえ!トレードが多すぎて区別がつかねえよ」 まぁ嬉しい悲鳴です。

私の計算が正しければ、トレードで得た選手と放出した選手をプラス/マイナスして、今は50以上が26人いるはず。内訳は50が17人、55が5人、60が3人、65が1人。勿論これは今季開幕前の評価をもとにしているのであくまで参考ですが。これにドラフトで獲得した選手を加えて、オフにファーム組織のタレント力がどう評価されるか。

ちなみにいまATLのファーム組織で最も高いシーリングを持つ選手はトゥーサン(Touki Touissain)。あくまで開幕前の指標ですがグレード65がついてます。

オリヴェラは開幕前の指標で60でした。しかし殆ど情報が得られない中での評価だったため来年どうなっているか。オリヴェラは今年中にルーキー資格を卒業しなければ、来季ATLのTOPプロスペクトとなる可能性がありますが、年齢が30を超えたルーキーをプロスペクト扱いするか、ビミョーです。


個々に見てみます。

Matt Wisler      [Grade - 60] [Risk Factor - Medium]
Mike Foltynewicz   [Grade - 55] [Risk - High]
Max Fried        [Grade - 60] [Risk - High]

Wisler : 去年の10月以降リスクの高いピッチャーばかり獲得して来ましたが、オフシーズン最後のトレード(12件目)で獲得したウィスラーだけは例外で、リスクの低いピッチャーとなっています。

AAAで2か月プレーしたのちデビューしましたが、その時点でウィスラーのRealistic Ceiling はローテーションの4番目は確実、コマンド力の向上次第では3番目、最大で2番目という評価でした。

Folty : ウチの組織で最大のポテンシャルを持っていますが、リスクもかなり高い。コマンド力の欠如と変化球のフィーリングの欠如がリスク要因を高めています。

Fried : 面白いのは、フリードはウィスラーと同じグレードがついていることです(2人とも60)。パドレスの組織ではウィスラーがTOPプロスペクトで、フリードは6位のプロスペクトでしたが、フリードは去年手術を経験していることと、BBの多さのためリスクが高く(High)見積もられてます。


*****

ギャンブル覚悟の選手集め


この前、HIgh-Risk, Hgh-Upsideの戦術について書きましたが、ハートとカッポレラはとにかく High Impact Player を集めるという姿勢を鮮明にしています。普通の中庸なプレーヤーでは大きな変化は起こせないし、自分たちはとにかく大きなインパクトを与えられるプレーヤーが欲しいという姿勢で選手集めています。

しかしそういったプレーヤーは大抵ツールに何らかの欠陥を抱えていることが多く、例えばコマンド力が欠如しているとか、それでBBが異常に多いなど、データ上はファンに「何でこんな選手とってくるんだ?」と思わせるケースがしばしばあります。しかしそういったプレーヤーが自身の抱える弱点を克服したとき、大きな飛躍をを遂げることができます。それを期待しています。

トレードでセーフな選手ばかり集めていれば当面はファンを納得させることはできます、というかファンの歓心を買いたければトレードでセーフな選手ばかり集めてればいいと思います。でもそれでは将来的に大きな成果を上げることは期待できません。

これは一理あります。ブレーブスは2001年以降プレーオフで一度も勝ち上がれていません。すべて最初のラウンドで敗退しています。プレーオフに出ることのみを目的とするならば、「セーフ」な選手ばかり集めて普通のチームを作れば良いと思います。しかし10月後半まで勝ち上がることが目的なら、大きなインパクトを与えられるプレーヤー High Impact Player が絶対に必要になります。そのためにはギャンブル覚悟の選手集めも必要となります。

実は今ハートとカッポレラがやっていることはそういう選手集めなんだと思います。


スポンサーサイト
MLB / Blog 小辞典 | 21:03:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
オリヴェラのトレード


今年の冬投手の大物がたくさんFAマーケットに出てきます。プライス、グレンキー、クエイト、ジマーマン、サマージャ等々。一方打者は人材に乏しく、ブレーブスが補強したいと考えている3BとLFには大金投じるに足る人材がいません。となるとトレードというルートを辿って補強するしかありません。

新FOはいずれ来たるトレードを見越して、「誰をトレードに使うか(もしくは誰をトレードに使っても代わりが効くか)、そして誰を使ってはならないか」の判断を下さなければならなかった。そのプロセスにおいて”アレックスをトレードに使う”もしくは””アレックスを使っても代わりが利く”という判断を下したんだろうと思います。(あとはLADのFOがアレックスを相当気に入っていた。)

だから本来はFAでエース級の投手を獲得しローテーションの層を充当した上で、アレックスをトレードに使う。これはあり得た。あり得たシナリオです。

しかし7月中にこうした大型トレードが来るとは、ちょっと想定していなかった。いわばこれはFAサイニングと、アレックスのトレードが時間的に入れ替わって来た、と見ることが出来ます。言い換えれば今年の冬に大物FA投手を獲得することを前提となっている、わけですが。

これはトレード第2幕の始まりです。オフの間からピッチャーばかり獲得して、オフェンスはどうするんだ?と疑問を呈されてきましたが、遂にオフェンスの獲得に動いた。トレード第2幕の開幕。

Woodyをトレードに使う、これ自体はひとつの判断で、いずれ数年後に成否が分かることですが、FOがそういう判断を下したこと自体はファンは信じるしかないです。しかし、このトレードの交換人員でファンを納得させることは、とてもできなかった。



Woodyは来年が終わればやっと年俸調停1年目。当然保有年限が長く(controllable)残っています。去年の冬に年俸調停権取得前後の若い選手が何人かトレードされました。ドナルドソンや、マイヤーズや、ウチのシェルビーもそうですが。もしWoodyの交換要員がドナルドソンのような若い野手であればファンは納得できたんだろうと思います。

しかしオリヴェラには不確定要素 =故障歴、年齢、まだMLで1球も打っていない、スカウトの判断を信じるなら といった不確定要素が大き過ぎ、これではファンを納得させるのは難しく、過ぎたギャンブルと言わざるを得ません。

一方超投高打低の時代で、若手野手を動かしにくい。若手野手のマーケットが動きが鈍いというのも一理あります。いっとき話題に上がっていたCINのフレイジャーあたりも成績が上がりすぎて動かせなくなりましたし。大型トレードは冬まで待つべきだったとは思いますが、待てどもマーケット自体がはたして動いたかどうか疑問、というのもあります。



これは140字では難しかった。オリヴェラは2012-13シーズン以降は国際舞台でプレーしておらず、2013-14シーズン国内プロリーグでプレーしたのち9月に亡命しています。しばらくスカウトの目に留まる舞台から遠ざかったいたので判断材料に乏しかった。

ブレーブスのスカウトは去年の11月と12月にドミニカ共和国でオリヴェラを実地に視察。その結果スカウトは「バッティングに関しては間違いない打者、毎年25+HRの、All-Starキャリバーのプレーヤー」という判断を示しました。ブレーブスは2月オリヴェラを獲得するために熱心に活動しましたが、資金力の高いLADにアウトビッドされています。

もしスカウトの判断が正しいのであれば、

このような打者=バッティングに感じては確実な、毎年25+HRのAll-Starキャリバー、LADが契約ボーナス全額支払っているので年平均$5-6ミリオンでしかない、 このような打者をトレードで獲得する可能性は今のMLBでは極めて稀です。

このギャンブル当たれば大きいというのは、有ります。

ただしこれも、スカウトの見立てが正しければ、オリヴェラが故障で長期欠場しなければ、という条件つきなわけですが。当たれば大きいが、過ぎたギャンブルという印象がぬぐえません。

"Trust Your Own Scouts" - これは新FOが発足してからひとつのテーマとなっている事です。一般評価を度外視してでも、自分たちのスカウトを信じるという姿勢を新FOは貫いています。

その姿勢自体には潔さを感じることはあるのですが、やはりここまで不確かで大きなギャンブルはすべきではないかと。後味が悪い、というか否定感の色濃いトレードとなったものです。




なぜペラーザまで必要だったのか?

このトレード
Olivera - Woody, Peraza では成り立たないので、4分割して考える必要があります。

Olivera - Woody
Peraza - Draft pick
Avi - Paco
J. Johnson - Bird


トレードの成否が分かるのは数年後と言われます。さてどう成否が出るのか?

と言いたいところですが、今後も大きなトレードが続く見込みで、それが大きなプロセスの中で動いてゆくので、全体を見通すのが非常に至難のわざとなっています。

***

アトランタは17年に照準を合わせていますが、16年は今年より一歩進んだ形の見えるロースターとなりそうです。オリヴェラのトレードはそのサインと取れるし(トレードの次の段階)、アレックスのトレードは大物SPの獲得を前提としたものだし、ブルペンもかなり怪我人が戻ってきますし。もちろん16年も移行期間は移行期間なんですが、今年より形の見えるロースターとなりそうです。

それにはファンが勝つことに慣れているので、今年のようなシーズンが続くとファン離れが進んでしまう心配があること。そして来年がATL移転50周年で、ファンをチームに引き付けておきたいこと。新球場開場を前に弾みをつけたいところですね。

ブレーブス | 19:12:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
28年前の今日


1987年8月12日ブレーブスは、ML通算194勝のD.アレキザンダーと無名のマイナーリーガー John Smoltz のトレードを成立。これが当時DETのAAでスモルツが残していた成績なんですね。まさかという感じですが。今の情報流通の時代であれば、こんな投手獲得してどないしてんねん?てことになるんでしょうが。この投手がのちに殿堂入りの大投手になるとは誰も思わなかったわけで。MLBのトレードの不思議さを物語るエピソードとなっています。3週間前に行われた殿堂入り式典で、スモルツのスピーチ時間はなんと29分29秒だったとか。

新FOは発足から10か月間で22件のトレードを成立させてきましたが、この中から21世紀のスモルツが出てきて欲しいな、と思います。

勿論、髪形だけスモルツとか、顎ひげだけスモルツとか、そういうのは無しの方向で 笑。


*来年はブレーブスがATLに移転して50周年になります。


ブレーブス | 20:30:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
今と27年前と
2015 = 1988

*ファンの気質に違いが
2015(勝つことに慣れている)ー 1988(負けることに慣れていた)

続きを読む >>
ブレーブス | 22:15:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
2015ブレーブスのつくられ方


続きを読む >>
ブレーブス | 21:31:18 | トラックバック(0) | コメント(6)
オフェンスのフィロソフィー改革
ブレーブスがオフェンスのコンセプトをどのように変えようとしているのかについて書きました。

ひとことで言うと、

ねちねちセンター返し、か。

続きを読む >>
ブレーブス | 18:46:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
,の前


続きを読む >>
ブレーブス | 20:39:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
FanGraph の 2015 prospect list
毎年個性的なリストをつけることでお馴染みFanGraph.。今年は Ozzy Albies をTopプロスペクトに選んでいます。

この選手はポジション的にいずれCFへのコンバートを考えるかどうか。

トレード獲得選手には *をつけています。

[50+ FV Prospects]
1. Ozhaino Albies, SS
2. Rio Ruiz, 3B *
3. Max Fried, LHP *
4. Jose Peraza, 2B
5. Mike Foltynewicz, RHP *
6. Lucas Sims, RHP
7. Christian Bethancourt, C
8. Ricardo Sanchez, LHP *

[45 FV Prospects]
9. Braxton Davidson, RF
10. Tyrell Jenkins, RHP *
11. Manny Banuelos, LHP *
12. Arodys Vizcaino, RHP *
13. Mallex Smith, CF *
14. Jason Hursh, RHP
15. Shae Simmons, RHP
16. Mauricio Cabrera, RHP

[40 FV Prospects]
18. Alec Grosser, RHP
19. Jace Peterson, 2B *
20. Dian Toscano, CF
21. Wes Parsons, RHP
22. Tanner Murphy, C
23. Andrew Thurman, RHP *
24. Juan Jaime, RHP
25. Brad Roney, RHP
26. Zoilo Almonte, RF
27. Daniel Castro, SS
28. Dustin Peterson, 3B *
29. Johan Camargo, SS
30. Williams Perez, RHP
31. Max Povse, RHP
32. Jordan Edgerton, 3B

ブレーブス ファーム組織 | 00:39:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
BA続改訂TOP10


ブレーブス ファーム組織 | 11:45:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
BA改訂TOP10プロスペクツ
改訂版リリースされています。

元々はチェイスン シュリーヴがTOP10に入っていたものの、ヘイワードのトレードで獲得したジェンキンスが代わってTOP10入りしていた模様です。

そしてその後のトレードで加えた選手を加えて今回の改訂版がリリースされています。

しかしよくよく見ると元々のリストはBill Ballew が選者だったのに、今回の修正版は J.J. Cooperになっております。あれあれ。

ボールド体が獲得選手。いなくなったのはシュリーブとクビッツァ。クビッツァは兄弟選手でどこかに弟がいたはず。

1 Jose Peraza, 2b
2 Max Fried, lhp
3 Lucas Sims, rhp
4 Christian Bethancourt, c
5 Jason Hursh, rhp
6 Ozhaino Albies, ss
7 Ricardo Sanchez, lhp
8 Jace Peterson, 2b
9 Braxton Davidson, of
10 Tyrell Jenkins, rhp
11 Manny Banuelos, lhp
12 Johan Camargo, ss
13 Garrett Fulenchek, rhp
14 Arodys Vizcaino, rhp
15 Shae Simmons, rhp
16 Mauricio Cabrera, rhp
17 Mallex Smith, of
18 Dustin Peterson, 3b
19 Daniel Winkler, rhp
20 Wes Parsons,

全体20人中の約半分が今オフに獲得したプロスペクトとなっていますなあ(苦笑)。

トレード前は、BAグレイドで50+のプロスペクトがわずか13人だったのが、トレードで8人の50+を加えています。

タレントランキング最下層だったファーム組織が、どれくらい上がっているだろうか?

フリードはシーリングではシムズを凌ぐとされていますが、リハビリで今シーズン全休が決まっている投手がナンバー1投手プロスペクトとなってしまうところに今のファーム組織の苦しさが表れています。しかしフリードは来年以降が楽しみ。

Man-Banことバニュエイロスですが、古いスカウティングリポート調べたら、元々はコマンド型の投手だった模様。それが球速が上がるのに上手くアジャストできず、コマンドを乱し、やがて故障した模様です。ラテンアメリカ出身者は若年代で契約するのでそういうことがあるんでしょうね。

回復が少し遅れたのと、去年76.1回しか投げていないこと、コマンドの洗練度の課題等々考えると、開幕からひとシーズンをローテーションで投げるのは性急な気がします、

今後トレードは続きます。もし投手を強く要求するのを控えればもっとトレード成立していると思います。FOが、先発投手層の再建拡充こそ今後持続可能な成功を描くための絶対キー、という意思を鮮明にしていますし、グダグダ書きませんが、それであっていると思います。

なんかね、ここ最近は「今日も新しいトレードが成立してないかな」と気にする楽しみが増えております、ブレーブスファンは。

ブレーブス ファーム組織 | 21:17:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。