FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
 
■プロフィール

@hammerinhommer

Author:@hammerinhommer
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■Tweetswind
■TWITTER

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■Google カスタム検索

■RSSリンクの表示
■リンク
■検索フォーム

■Braves Twwps

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
GMレン解任の裏側



ブレーブスがアトランタに移転してから、解任されたGMというのはこれまでいなかったとか。

GMレンの解任は、積年の積み重ねによる必然のもの。GMレンは組織内で専横をふるい、人に対する例を欠く振る舞い、リスペクトを欠く接し方が横行し、上層部としてもこれ以上我慢ならなくなった模様です。

思い返せば、レンの治世下で眉根をひそめるような事件が何度か起こっていましたね。

まずベテランに対する扱い。

詳しくは覚えていませんがグラヴィンの時も何かありましたよね。それからスモルツに対して、妥当なオファーを出さずボストンへ移籍させる引き金を作りました。2人とも今はHOFerとしてまた解説者として戻ってきていますが、後味の悪い終わり方をしていました。そして記憶に新しいところで昨冬のハドソン。ハドソンは「ブレーブスからのオファーは侮辱的なものでカウンターを出す気にもならなかった。この時ここでのキャリアは終わったと感じた」と話しています。こうしたベテラン選手に対する不当な扱い。

そして当時スカウト部長(scouting director)だったロイ クラークの移籍を容認したこと、そして彼の使っていたスカウトを次々と放出したこと。これなんかも気に入らない人を切っただけだったような。

昨オフにウォレス、トレンブリーらこの業界でリスペクトされ、若手からも信頼されていたコーチを移籍せたこと。彼らが「レンとその部下のマノーは人の話を聞かない。自分たちをまるで子ども扱いする」と不満を残して移籍していったとか。

そしてBJアップトンに対する大型契約。BJアップトンは決して全力でプレーしない。常に手を抜いてプレーをし、怠慢プレーに味方の野手や投手がセンター方向を睨みつけているシーンが目撃されているほど。スキルはあっても「それ取れるだろ!」という失態プレーが多すぎます。打席においても、彼の三振の多さにファンは既に業腹なわけですが、ところが本人は「俺カンケイねえしー」みたいな顔してプレーしていやあがる。アップトンの怠慢プレーはタンパ時代から悪い名声があったわけですが、なぜよく吟味せずに大型契約を出したのか。絶対に出してはいけない類の選手ではなかったのか。

そしてそのBJアップトンの出場を強制し続けたこと。現場への介入です。今回GMレンが解任され、ゴンザレスが残されたのは、GMレンのこうした現場介入が、レンの独裁がゴンザレスに悪影響を与えたことが指摘されているからです。コックスが早くからレンへの信頼を失っていたことも指摘されています。


ところで大型契約といえば、GMレンは大型契約にすべて失敗しました。全て100%にです。遡ればBALのGM時代のA.ベルのときから大型契約にすべて失敗してきました。もちろん良い点としてスペアピースを見つけ

るのがうまい、と言うのはあります。インファンテの発掘や、オフラハティー、カーペンター、バルバロウといったウェイバーによる投手の発掘というのはありました。

しかし度重なる大型契約の失敗はチームを窮地に追い込んでいます。例えば先発ローテーションが3人しかいません。マイナーの肩の疑問符も考えれば2人といえるかもしれません。ヘイルを加えてもローテが足りません。今すぐとってかわれる投手のプロスペクトはいません。ローテの補強必須です。オフにジョージア在住のレスターを狙うのは筋が通っていると思えますが、なにせアグラのデッドマネーとBJアップトンのデッドマネーで使える資金がありません(この際BJアップトンはロースターにいようとデッドマネーと言ってやります)。後任のGMの足かせになります。


話が戻りますが、レンの治世下でこうした眉根をひそめる出来事、小首をかしげるロースタームーブが多々ありました。

シューホルツは記者会見で "Braves Way" という言葉をたくさん使っていました。これは一見すると地区14連覇時代のノスタルジーに浸る言葉、もしくは過去の栄光にすがる言葉に感じられ、感心しない人も多かったかもしれません。ボクも快く思いませんでした。

しかしレン治世下で起きた数々の眉根をひそめる事件、小首をかしげる出来事。これらを総称して、「これは我々の求める理想のチーム作りではない、チームのあり方ではない、レン治世下でBraves Wayが損な

われた」というなら分かる気がするのです。ブレーブスといえば調和のとれた大人のボールクラブというイメージだったかと思いますが、レン治世下でそういったイメージがかすれているような。

レンとその部下マノーによる専横的な振る舞い、リスペクトも欠けた接し方、意見を容れない、気に入らない人を斬る、現場への介入。こうしたあり方により、次第に組織内の人々の心が離れていった。ばらばらになっていった、そう思えてなりません。

それでも去年までは勝つことが出来ました。それはチッパー、マック、ハディー、プラドといったベテランがいてチームをつなぎとめていたからです。ところがここ2年間で彼らベテランがすべていなくなってチームは本当にバラバラに瓦解した。

去年年末に「若過ぎは問題になるか?」といいう記事を書いたんですが、レンはベテランの役目を過小評価していたようにと思います。ベテランの役目とは何なんでしょう?

何か事件が起きた時に正しく対処する方法、試合に臨む作法、逆境に対処する方法、スランプの乗り越え方、試合の勝ち方 を若手に教えることではないでしょうか。

例えば去年夏にマーリンズのフェルナンデスの悪態が問題になったことがありましたよね。そのとき当時レギュラーだったマックがフェルナンデスに「これは高校スポーツではない、大人のスポーツなんだ。大人として振る舞え」と諭し、フェルナンデスは通路で謝罪したという出来事がありました。経験のあるベテランにしかできない姿です。しかし今のロースターにこうしたことが言える人がいるでしょうか? 今ラインナップレギュラーで最年長は怠慢プレーヤーのBJアップトン・・・。若手の手本になるわけがない。

チッパーが今のフリーマンの年代にはペンドルトンや、ジャスティスや、マグリフら教えをこえるベテランプレーヤーが常にいました。優秀なGMなら今のようなロースター構成にしたでしょうか?


GMレン治世下で、お互いをリスペクト払えない、お互いを気にかけない風潮が出来上がっていて、そのバラバラなりかけていたチームを結び付けていたベテランがここ2年間でみんないなくなって、今年瓦解した。レン治世下で積み重なっていたことがついに表出した。今年のブレーブスが、一体感もない、チームケミストリーも感じられない、見るに堪えないチーム、いや最早チームとも呼べない「バラバラの集合体」になってしまった。

打線によく表れています。去年HRがNL最多、得点NL4位だった打線が、今年HRが約60本減って、得点が100点以上減って、平均得点はMLワースト2位に落ちた。去年と殆ど同じメンバーなのになぜこういうことが起こるか?

お互いを気にかけないチームです。ラインナップの8人がバラバラの心で、8人が別の方向を向いて自分勝手なバッティングをやっている。チームのことなんて考えない、後続へのつながりとか後続に球を見せるとか考えない、自分を犠牲にしてもランナーを進めるとか全然考えない。プランとか意思統一なんて何もない。8人がバラバラの身勝手な打線で、点取れるわけがない。今年の打線に一体感とか楽しさってありましたか?ボクは見るのも苦痛で7月頃から殆ど試合見るの止めました。

ポストシーズでブレーブス打線に見られないオフェンス見られます。HRは全米最少数なのに勝ち上がってきたロイヤルズ打線のエゴのなさ。SFGのルーキーPanikの自己犠牲的なスマートなバッティング。V.マルティネスの極上の打席(ストライクゾーン全領域の理解、あらゆるコースに対応できるコンタクト力、シチュエーションに対応したスイング)。今のATLエゴ打線では絶対に見られない、欠けたものが見られます。

来年スピードを売りとするペラーザが来て良い変化が出ると良いのですが。

今のブレーブスをチームとは呼べないバラバラの集合体にしたのはレンの責任。同時にゴンザレスにもそれを超えてまとめきるカリズマがあるとは思えません。来季もゴンザレスやるみたいですが、契約最終年。


***

今後ですが、カッピー(Coppy)の愛称で親しまれる、36歳のジョン カッポレラ(John Coppolella)がすぐにかどうかは分かりませんが、いずれはGMに就任することが見込まれます。そうでないと、要職につけないと他チームに引き抜かれますちゃいますからね。

カッピーはエンジェルスでインターンをはじめ、初めて入閣したのはヤンクスで、シューホルツの最後の年にアトランタに来、以来8年間ブレーブスのFOにいた。今年の夏にプロスペクタスは「次世代スターGM候補筆頭」に選出していた。ここ2年間はレンのアシスタントで、まぁレンを反面教師としてくれるでしょう。

***

参考までに





スポンサーサイト
ブレーブス | 18:22:23 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
よくぞ書いてくれました!という感じです。今年は途中から試合を追いかけるのをやめてしまいましたからねえ・・・

いい選手だっているし、新球場などポジティブに転換できそうなネタだってあるので、ここでウミを出し切って早くよい方向にシフトしてほしいと切に願っています!
2014-10-05 日 00:31:24 | URL | TAK [編集]

こんにちは。今年はツイッターで活動されていないので、どうされているのかと思っていましたよ。ボクも今年は途中から殆ど試合見ませんでした。見る気になれませんでした。

仰る通り、3年後に新球場が出来るので、フロントオフィスを刷新して、それまでにチームを立て直さないとなりませんね。中心となる若手は揃っているのですから、これを機にチームが良い方向に進むことを期待しています。
2014-10-06 月 20:24:49 | URL | @hammerinhommer [編集]
いつも興味深く拝見させております。私も後半はチームへの興味が薄れていたのは事実です。今のチームに魅力はありません。早く次のGMが決まって欲しいです。報道通りだと管理人さんの言っている通りになりそうですね。少しでも良い方向に行って欲しいと思います。

2014-10-15 水 20:32:18 | URL | nomitami [編集]
今年のチームは本当に見てるのが苦痛なチームでしたね。

GMはWSが終わったら発表されるのではと思います。GMミーティングが始まるまでには決定しなければなりませんし。色々課題は多いですが、新球場開場という目標もありますし、FO改革でチームが将来的に良い方向に向かってくれると良いですね。
2014-10-21 火 02:05:54 | URL | @hammerinhommer [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。