FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
 
■プロフィール

@hammerinhommer

Author:@hammerinhommer
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■Tweetswind
■TWITTER

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■Google カスタム検索

■RSSリンクの表示
■リンク
■検索フォーム

■Braves Twwps

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人材の回復(差し替え)
なんとなんと、ロイ クラーク戻ってきた。
もちろん当時と状況は違います。ドラフトにバジェットが使えないこと。Draft & Follows の制度がなくなったこと。そして指名権自体が少ないこと、等々。

しかしこれは一体何が起こっているのでしょう。レンがGMに就任しマノーを側近に雇うと、それまで使えていた人たちが次々に去って行った。レンが彼らを切ったのか、彼らがレンとマノーを嫌って離れていったのか。そして此たびレンとマノーが更迭されると、去っていた人たちが次々に戻ってきている。おそらくレンとマノーのもとでは自由闊達に意見をいえる環境ではなかったのではないのでしょうか。

いずれにせよ、MooreとともにKCへ行った人たちは別にして、去っていた人材が戻ってきています。新たに加えられた人材も非常に有望な人たちだそうで、フロントオフィス(FO)は確実に良い方向に向かっている模様。

去年96勝したチームが何をばたばたという印象があるかもしれませんが、連のもとで良くないものが吹き溜まっていたのでしょう。

情況から推測されるのは、FOの新体制はほぼ固まっているではということです。ただMLB機構がポストシーズンが終わるまで新しい人材登用などのニュースは発表しないように要請しているだけで、内情は固まっているのかも知れません。

ハートがカッポレラを育てる形でGMに就任し、2年ほどしたらカッピーに全権委譲する形になるのでしょうかね。

新体制が発足したら、もちろん2017年の新球場会場に向けてチームを立て直さなけらばならないわけですが、それにもましてFOの空気を入れ替えなけらばならない。選手育成部門(Player Development)も、スカウト部門(Scouting Department)も刷新が必要です。そんな中2000年から2010年までスカウト部長だったクラークが戻ってくるとの報道が。久々に更新したら一両日中にこうしたポジティブなニュースが入ってくるとは。

こういうことです。ブレーブスの地区14連覇の大立役者の一人にポール スナイダーがいた。コックス(当時GM)とともにファーム組織を立て直したスカウト部長で(選手育成部長も兼任していたか)、アトランタに有望な若手を供給し続けた。葉巻を結わえたオールドスクールなスカウト。ブレーブスがときたまマネーボールと正反対のオールドスクールなチーム作りをするチーム(決してそんなことないと思うんですが)という表現をされるのは。スナイダーのイメージから来ているのでしょう。引退して殿堂入りしています。

そのスナイダーが99年に引退するときに後を託したのがクラークで、これも優秀だった。ドラフトではスカウト部長の方が責任が大きいとされる。クラークが就任して最初のドラフトで指名したのがWainoことウェインライト。同じ年のドラフトでローチーことラローチも指名している。アトランタで最後のドラフトで指名したのはマイナー。WASへ行って最初に指名したのが(役職は少し異なると思いますが)レンドン。レンドンはATLでも指名していますが、プロ入りせずライスへ進学。WASのファーム組織拡充にも貢献したはずです。今年はLADにいましたが、LA行きが決まったときESPNのバスターが”Rich get richer” とツイートしていたようにこの業界で実力は認められています。

ATLは2000年代に入ってから2度ファーム組織のタレント力でピークを迎えているわけですが、1度目は2002-2003年ころのフレンチー、マルテ、ウェイノ、マック、デーヴィーズ、マイヤーらを主力とした時期。2度目はヘイワード、フリーマン、ハンソン、テアラン、キンブレル、メドレンらを主力とした時期。2度目はレンの任期下におこっていますが、下地をつくったのはクラークとムーア(KCR)の手によるもの。

今回スカウト部長にはBrian Bridgres が昇格して就任。クラークはもっと全体を見渡す役職の模様です。ブリッジスはカッポレラと同じくシューホルツ最後の年にアトランタに加わり、ここ数年は南東部各州の担当スカウトを総まとめる役職にいたとのこと。近年ではヘイワード、ギルマーティン、シムズら南東部の学校出身のタレントの契約に成功しているそう。来年の一巡は全体16位で、09年のマイナー以来の高順位。
スポンサーサイト


ブレーブス | 02:13:43 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
おお、フロント陣に良い人材が集まりつつあるんですね。それは朗報です。デッドマネーが多額に登るので思うように補強は進まないと思いますが、フロント強化も今のATLには必要だと思うので良い方向に向かっているのはいいですね。
2014-10-15 水 20:35:49 | URL | nomitami [編集]
お返事遅くなって申し訳ありません。

レン-マノー体制になって彼らを嫌うように人材が離れ、彼らが更迭されたら戻ってきたというのは確かにあるようです。なんにせよFOの再構築が進んでいるようですね。FAに使える資金はほとんどないです。もしかしたらロースター大幅に入れ替えるかもしれません、それはそれで楽しみではないかと。
2014-10-21 火 02:03:17 | URL | @hammerinhommer [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。