FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
 
■プロフィール

@hammerinhommer

Author:@hammerinhommer
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■Tweetswind
■TWITTER

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■Google カスタム検索

■RSSリンクの表示
■リンク
■検索フォーム

■Braves Twwps

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハートを最高責任者に



新しいヒッティングコーチがKevin Seitzerに決まりました。

「ようこそキャリア墓場へ」とか思ってしまうのです。しかし前のGMが、”一発か三振か”という打者ばかり並べた反省はある模様ですね。

これは大変驚愕の事実ですが、レンは現場のコーチを差し置いて各打者に直接バッティングの指示を出していたんだとか。明かな職権濫用です。ウォーカーは打線にプランを用意する、この業界でそれなり定評のあるヒッティングコーチですが、これでは全く意味がありません。上役のGMが現場のコーチをさしおいて打者に直接指示を出すようなら、現場のコーチは絶対に信任を得られません。かくしてブレーブス打線は、8人の打者が身勝手なバッティングばかりを繰り返す、noプラン、no戦術理解、no意思統一な、最早打線とは言えない打”点”と成り下がってしまいました。

レンの独裁志向ここに至れりかといった感じですが、同じようにゴンザレスの采配にも色々口出ししていたようなのです。今回GMがクビになって、マネージャーが残るという妙な事態が起きたのは、レンの妨害で自由な裁量をふるえなかったゴンザレスに同情の余地ありとみなされたからです。ただしゴンザレスが残されたのはコックスの支持があったからで、2度の9月カラスプを起こしたゴンザレスは首になってしかるべきだとボクは思っています。

これらはひとつふたつの例にすぎず、レンは組織のあらゆる部署に口出しし、ブレーブスを私物化しようとしていた。たとえば、ドラフトでは本来スカウト部門が大きな責をおうべきなのに、レンは自ら指名しようとしたとか。などなど。

シューホルツがGMだったころのFOは、年齢に関係なく職員は忌憚ない意見が言える、それらが尊重される雰囲気が作られていた。

しかしレンはそれを壊した。レンが新任するのは腹心のマノーと弟のジェフで、組織を思うままに仕切ろうとするレンのやり方に反発したFOの職員たち何人もが組織を離れていった。

そして今回レンとマノーが更迭されると、彼らが戻ってきたのはその証左です。クラークが新スカウト部長ブリッジスのメンター役として戻ってきたのをはじめ、フリーマン,メドレン,ハンソンらを獲得したカリフォルニア担当スカウトのBatiataも復帰。トラウトを獲得したスカウトも新たに加わることになった。カッポレラがヤンクス時代にお世話になったBlakeleyは新たに国際スカウト部長として加わった(但しこのブログでも何度か登場したJ.アルマラスは移籍した)。トレンブリーが3年ぶりに復帰して選手育成部長になったのも大きい。

ハートがベースボール執行部の最高責任者に任命されました。

ハートはGMを断ったと報じられていますが、これは66歳のハートが家族のもとを離れてフルタイムのGM激務をこなすことは酷なので致し方ないところ。しかしシューホルツはなおもハートに全権を託すことを望み、結果ハートが最高責任者に、しばらくGMは置かない、カッポレラが右腕に、ハートの任期は新球場初年度までの3年間、となった。しかしこれは事実上のGMでは? と問われればそうだと思います。肩書はともかくハートが最高責任者となりました。

ハートはここ近年は、テキサス州で家族と暮らしながら、ときどきMLBネットワークで評論家として出演する生活を楽しんでしたそう。評論家としては元GMとしての経験を生かした精緻で理知的な解説のみならず、率直で裏表のない人柄が好まれていた模様。これを聞くと思いだすのはやはりコックスです。ボビーが慕われていたのは正直で率直でその言葉に裏表がなかったから。ボビーが選手を守ろうとしたときは心からそうしようとしていた。だから選手らは彼のためにプレーしようと思った。

多分シューホルツがハートを気に入ったのもコックスに通じる人としての何かがあったからではないでしょうか。そもそも去年の春にシューホルツがハートを引き入れたのは、レンのやり方に既にレッドフラグが立っていたからなのでしょう。

シューホルツがスローガンに掲げる"Braves Wayを立て直す "とは何を指すのか。Braves Wayとは、リスペクトフルでプロフェッショナルなボールクラブを再び打ち立て直そう、ということだと思います。ボクはそう理解しています。

レンが組織をめっためたにしてしまいました。お互いを気にかけない尊重しないボールクラブでは絶対にだめです。もちろんカッポレラを直接GMに指名する手もあったわけですが、今のブレーブスに、レンがめっためたにした今のブレーブスに必要なのは、ハートのようなこの業界に長くいて、だれからもリスペクトされる、そして人にリスペクトを払える人だと思います。この人選でよかったのだと思います。カッピーは次のGMの座が約束されています。ハートの任期は3年となっていますが、場合によっては1年後?2年後?にカッピーがGMに指名されることも考えられます。

リビルディングモードは設けません。しかし一夜で壊れたものを一夜で修復することは可能かもしれませんが、時間をかけて壊れたものを一夜で修復することは難しい。修復に2年かかるのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

ブレーブス | 19:24:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。