FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
 
■プロフィール

@hammerinhommer

Author:@hammerinhommer
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■Tweetswind
■TWITTER

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■Google カスタム検索

■RSSリンクの表示
■リンク
■検索フォーム

■Braves Twwps

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
独立リーグからの発掘
今回は異色の左腕をご紹介。

Ian Thomas, lhp

マイナーリーグ2年目の26歳。もちろんドラフトにはかかっていない。2年前まで独立リーグでプレーしていたらしい。

今年はAAのブルペンで開幕し、見事な被打率の低さと、K/9の高さを記録。6月後半からローテーションに加わった。ローテーションに入れたのは首脳部にそれなりの考えがあったのだろうが、先発でも変わらずに好成績を残し、前回登板にて先発としてのK/9も10を超えた。

今季ここまで
ブルペン 26G, 37IP, 25H, HR, 13BB, 56K, .189oppBA
先発 10G, 52.1IP, 34H, 3HR, 19BB, 59K, 163oppBA

具体的にどういう投手なのかはまだわからないけれど、右打者も低い被打率で抑えているようですし。

年齢が高いのでガティス同様にトップ10プロスペクトに選ばれる可能性はまずないが、別に言えば「ガティスの投手バージョン」を発掘したような印象だ。

今年の9月昇格については何とも言えないが、来春のキャンプには招待されるだろう。

にしても24歳まで独立リーグで寝かされていた選手をよくも発掘してくるものです。スカウトのホームランとなるか!
スポンサーサイト


プロスペクト 選手プロファイル | 22:16:52 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
マッキャンの再契約は?
お疲れ様でございます。残暑お見舞い申し上げます。
最近はツイッター中心にされたのか・・と残念でしたが、
また書き込みが続いており、有難いです。今後も宜しくお願いします。

なかなかドラフト指名順位の関係もあり、いわゆる大物新人の
指名(獲得)で出来ないので、こういう隠れた逸材を見つけ出し、
育成するブレーブスは本当に素晴らしいチームだと思いますね。

現在の”ミスター・ブレーブス”マッキャンの再契約はやはり困難
なのでしょうか?予算の制約があるのは承知していますが・・

今年ここまで勝ち続けているのはブルペン陣の活躍も大きいの
ですが、やはり長打力が大きいように思います。
とはいえ、完封負け試合の多さが証明しているように大雑把というか
粗い感じですよね。その中でマッキャンはきめ細やかな打力を
発揮できる貴重な存在ですよね。地元出身だし。

これぞという若手選手を早めに長期契約で囲い込んでおくのが最近の
トレンドのようで、上記のマッキャンもそうだったわけですが・・
現状としてそれに値するのは、ヘイワード(ケガの欠場が多すぎますが)
フリーマン、シモンズの三人かと思います。
まだ長期契約には早すぎると見極めている段階なのでしょうか?
2013-08-17 土 22:09:24 | URL | オレ・マゾーニ [編集]
Re: マッキャンの再契約は?
こんにちは。

ブログ書くのもなかなか負担が大きくて、ネタはあれど更新は進まない現状です。申し訳ありません。

アトランタは注目選手以外で、こうした「突然台頭するプロスペクト」がいつも出てきますね。この組織ならではの特長だと思います。とりわけストーリー性のある選手は観戦する楽しみが深まるので好きですね。

マックに関しては、FAで他チームと争った場合、DH込みで大型契約を出せるALのクラブに年数・金額の両面でまず太刀打ちできないと思われます。金額はともかく年数で対抗できないのは痛いです。先月はレンジャーズが関心を示しているという話も出ていましたしね・・・。

彼の打棒が今なお洗練されたものであることはやはり証明されました。先の14連勝も彼の打棒が大きかったですね。もちろん地元出身でもあり、私も彼にいなくなられるのはイヤなのですが、今年で移籍という覚悟はほぼ決めています。2年前にSTLがプホールス最後のシーズンにWSを制覇しましたが、今年ATLにはそれを起こしてほしいです。

おっしゃる通り長打力の回復は大きいですね。90年代黄金期のATLは、チームHR数で常にNLのトップでしたから、HRの数がNL最多まで回復できたのはとても大きいと思います。まぁ、大雑把な野球はATLらしいとも言えますが(苦笑)、打線のムラの大きさは頭の痛いところですね。とはいえ打線を変更してから良い感じになってきています。このまま良い波でプレーオフに入りたいですね。

若手囲い込みに関しては、去年のオフにもアプローチをかけていたようなので、この冬にはやってくれんじゃないでしょうか。早い方が良いですね。
2013-08-21 水 02:03:48 | URL | @hammerinhommer [編集]
マッキャン不在の場合は・・
お疲れ様です。
お私の書き込みの内容が脅迫じみたもののように思われたのでしたら、
大変申し訳ありませんでした。

それでも書きますが、マッキャンはホームディスカウントで残留して
くれませんかね~
しかし、もし彼が居なくなったら来年の正捕手は誰になるのでしょうか。
バックアップのレアードは来年も契約は残っていますけど、次世代の
レギュラー捕手はベタンコート(ベサンコート)でしょうね。ただ来年は
少し早いのかもしれませんし・・
2013-08-21 水 23:12:31 | URL | オレ・マゾーニ [編集]
Re: マッキャン不在の場合は・・
脅迫じみただなんて、全然そんな風に思ってませんよ~。

たぶん私の返事の書き方が下手なんだと思います。申し訳ありません。


私ももちろんマックには残ってもらいです(起用法が難しいが)。ターナーから30分のところに生まれ育った地元選手ですし、最後は地元チームへの愛情に賭けるしかないのかもしれませんね。

もし移籍となるなら、来年の正捕手はガティス、レアードがバックアップとなる見込みです。AAでバッティング好調のBethancourtは、来年AAAで開幕するだろうとの見方が大勢のようです。
2013-08-24 土 01:18:54 | URL | @hammerinhommer [編集]
私も管理人さんのブログ楽しみにしています。情報がとても詳細に渡っているので重宝させて頂いています。Bethancourtは打撃開眼したみたいですね。ガティスも後半戦影が薄くなってるなあと思ったら、また打ちましたし。アグラの視力回復は効果なかったんでしょうか・・・
2013-09-04 水 16:40:16 | URL | Nomitami79 [編集]
ありがとうございます。なかなか更新できず申し訳ありません。

Bethancourtは良いシーズンを送ってくれましたね。まだまだバッティングに懐疑的な見方はあるようですが、成長の跡を見せてくれました。来季が楽しみですね。

ガティスは9月は出場機会をたくさん得られると思うので、調子を上げて10月に入ってもらいたいです。

アグラはHRも出ない、打点もつかなくなりました。深刻です・・・。
2013-09-08 日 19:05:28 | URL | @hammerinhommer [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。