FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
 
■プロフィール

@hammerinhommer

Author:@hammerinhommer
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■Tweetswind
■TWITTER

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■Google カスタム検索

■RSSリンクの表示
■リンク
■検索フォーム

■Braves Twwps

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■フリーエリア


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
若手長期契約の方針
まず最初にとても悲しいお知らせ。

元MLBのマネージャーで、引退後はATLの特別スカウトとして長らくウチのフロントオフィスを支えてくださったジム フレゴシがお亡くなりになられました。彼と彼の家族にお悔やみを申し上げます。


***

テアランの6年契約ですが、19年までの6年間で総額$32.4ミリオン、20年は$12ミリオンのオプションとなっています。

テアランはもともと2年後に調停権を得る予定でしたが、オプション行使を前提にするなら、FA最初の2年間まで買い取ったことになります。23-29歳のレインジになるので、投手として最も脂ののっている時期を契約期間に収めたことになります。

これが傾向なんでしょうね。

本来なら。選手はサービスタイムが6年になった時点で球団の保有権から自由になれる、つまりFAになれる。それまでは球団が保有権を持っているので、そもそも複数年契約を結ぶ必要がない。だから一年ごとに翌年の契約が完了されるのが普通だった。

ところが、昨今は富めるものと富めないものの差が拡大する一方で、その差が今後も大きくなることが見込まれているので、FAになる前に囲い込まなければならなくなってきた。しかも長期契約といっても、若手が活躍して調停権をもってしまうと既に価格が暴騰して長期契約すら難しくなってしまうので(キンブレルしかり)、調停権を持つ前に長期契約する傾向になってきた。なんだかなあ、と思います。

富めるものと富めないものの差が拡大する一助となっているのが、実はローカルTVの放映権契約で、これが球団ごとに開きがある。プホールス、ハミルトンらを獲得したエンジェルスしかり。ドジャースしかり。たしかパドレスも大きな契約を手にしたはず。

しかしブレーブスは前のオーナー(タイムワーナー)が今のオーナー(Liberty)にオーナーシップを売るときに、ローカルTVと25年の長期間契約を結んでしまっており、これがいま問題になっている。そこからの放映権収入が$20ミリオン弱しか入ってこないらしい。

最近新しい契約を結んだ球団と比較すると、アストロスのですらウチらの4倍。ドジャースに至っては12.5倍。桁が違っている。

もちろん新球場を建設するなど手をこまねいているわけではないが、富めるものと富めないものの差が拡大してゆけば、自分たちが育てたお気に入りの選手に長く同じユニフォームを着せるのが困難になるの。現実的にもヘイワードは2年後にFAである。

レイズのようなアプローチをとるチームもあるが、お気に入り選手が他チームのユニフォームで活躍しているのは見るには絶えないし、フランチャイズプレーヤーの誕生しないチームに愛着を持てるとは思えません。


着地は正確に!

P&CのSTが始まっています。まずはバスケスが順調に戦力になってくれるかどうかでしょう。飛び投げウォルデンが”いつ着地に失敗してDLするか分からないですからね(苦笑)”、ペンに新戦力が必要だと思うのですよ。(*しかし最新ニュースではバスケスはビザを取得できず米国到着が遅れているとか。なんだそれ)

ウォルデンの不在は確かにブルペンの制圧力に直接影響します。去年の9月10月しかりです(ポストではウォルデンとカーペンターの役割を入れ替えましたが、8回・僅差・ビッグゲームに経験の浅いカーペンターが連続被弾したことは記憶に新しい)

とまぁ、今年はウォルデンネタでいじり回せそうです。とはいえ本当に着地に失敗してDL入りしたら笑えんな・・・。


ペンにLoogyが足りないのでどうまかなうのかも興味深いところ。Alexを開幕からしばらくはペンに入れることもひとつの考えでしょう。トーマスはまたじっくり情報を仕入れているので、書けるように良い春を送ってほしい。

そしてグレアムの回復ぶりは。腕の負担を考慮して今季はブルペンで登板することになるのか、このままローテで投げるのか。ブルペンならば当然デビュー時期も早くなりえます。

これまで大学からした入団マイナー、ギルマーティン、ウッドはドラフト翌年のキャンプには招待されていませんでしたが、去年一巡のハーシュにはキャンプ参加が与えられました。将来いつ頃招集できそうなのか図られることになるでしょう。MIAの有力プロスペクトであるAヒーニーはハーシュの大学の一年先輩のようです。いずれ投げ合う日も見られそうです。

野手ではラステラとアグラのポジション争い。なのか??。まぁ始まったら考えよう。

しかしウチの投手陣は若い。Chiefことガルシアさんは別にして、最もキャリアが長いのが09年にデビューしたメドレンでときてる、仮に29歳のバスケスが開幕ロースターに入れば、ルーキーにして投手陣最年長ということになりえる。


***

それとお願いなんですが、ボクの冗談は分かりにくいと思いますが、冗談を大真面目に深刻に受け取らないでください。そういの切ないです(涙)。
スポンサーサイト


ブレーブス | 18:12:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。